桑的亜米利加日記
長かったミズーリ生活から開放!今年はどんなところへいけるのやら。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Powder room
本日はアメリカならではを体験してきました。
行った先はパウダールーム。
もともとの意味は化粧室なわけですが今日行ってきたのは黒いパウダーを扱う場所。
別名Shooting range、つまり射撃場です。

DSCN2574.jpg


ずっと行ってみたいと思ってたのですが、一人で行ってもな~なんて思ったりして
なかなか足を向けられませんでした。
で、今回もうすぐ帰国のぼーくんが食いついたので行ってみました。
今日行った場所はガンショップに併設されている射撃場。
ショップに入るとショーケースにずらっとならぶ銃たち。
この光景自体は大きなスポーツショップに行けば見れるからさほどめずらしくはないですけどね。
で、カウンターのお兄ちゃんに射撃したいんだけどと声をかけると
「じゃあここにサインして」
あれ?IDとか別にいらないの??
レンタル必要と聞いてくるのでもちろんYes.
初めてって伝えるとじゃあとおもむろにショーケースから銃を取り出します。
9mmのオートマチック(さすがに型式とかはよくわかりませんが)
手にするとさすがに重量感があります。
弾の装填と引き金の引き方を説明してもらってはいどうぞ。
なんて簡単。。。
DSCN2585.jpg
そして射撃場に移動。
板で仕切られた区切られたブースに入り恐々弾を装填。
紙のターゲットサイトをクリップに吊るしてズイーと奥まで移動させます。
構え方は映画で見たような感じでそれっぽく。
ターゲットサイトに照準を合わせてトリガーを引きます。
IMG_0078.jpg

「ドンッ」
フラッシュマズルとともに手に伝わる衝撃。
これが銃を撃った感触か~。当たり前だけどBB弾とは全然違う。
あとはひたすら撃つ撃つ撃つ!
そしてターゲットサイトを戻してみると意外と当たってました。
DSCN2584.jpg
爽快感と同時にこれだけ簡単なものかと思うとちょっと恐ろしさも感じました。


スポンサーサイト
Black Out
昨日日曜日はハリケーン"Ike"の影響だかで強風吹き荒れる一日となりました。
天気こそは良いものの葉っぱだのが舞い散っていました。

ちなみにアメリカではハリケーンはAから順に男名、女名を交互につけるそうです。
それによるとIkeさんは男の子(だったはず)で今年9番目のハリケーンということになります。
普通は北部まで上がってくるころには温帯低気圧となって雨を降らせるくらいが今回は違いました。

まあそれでも青空も出ていたしカメラを持ってちょっとお出かけ。
少し走れば一面のトウモロコシ畑。
青々としていたと思ったらすっかり色が変って収穫時期ですね。
DSC_0032.jpg

とうもろこし畑

さてとうもろこしといえばアパートの近所にこんなとうもろこしもあります。
DSC_0027_20080916130634.jpg
地面からそそりたつ石のとうもろこし。

DSC_0026_20080916130621.jpg
しかも群生しています。
いったいどんな意図なんでしょう?
しかしだだっ広い土地にこんな彫刻をならべるとはアメリカの芸術は贅沢。

DSC_0007.jpg

そんなこんなで昼を回ったくらいから徐々に空模様が怪しくなってきました。
風は強くなる一方。
風で電線が揺れるせいか瞬間的に停電してルームライトがちかちか。
これくらいなら雷雨の時にもあるのでいつものことかと思っていたら、
ばしっと家中の電気が落ちてそれっきり。。。
本格的な停電。。。
そして待てども待てでも復旧せず、あたりはどんどん暗くなる一方。
ついには真っ暗なまま夜を迎えてしまいました。

DSC_0009.jpg

アパートはオール電化なのでコンロも使えず結局夜は朝食用のパンとオレンジジュース。
どうしようもないのでもうふて寝することにしました。
翌朝起きたら電気は復活していましたが、会社で話を聞くとColumbus周辺はすべて停電だったそうで、家を出る時まだ復旧していなかったという人も。

う~ん。いったいどういう方法で電気の供給がされているのやら。。。

Summer has gone 2008
約10か月ぶり。。。
先日日本に一時帰国していて更新の催促があったのと、
5年予定の駐在員生活がちょうど折り返し地点に来たということもあり久し振りの更新です。

ただいま初秋のオレゴン州はポートランドへ出張中です。
一時帰国から戻った翌々日の移動でどうせなら日本から直接来れる予定ならどんなに楽だったか。。。
さて、今回はおなじみのポートランドですが、お客さんはいつもとは違うところ。
ダウンタウンから西のHillsboroというエリアです。
まあ、日本食マーケットとかがこちら側に多いのでおなじみといえばおなじみの場所ですけど。

仕事としては余裕がある部類で休暇明けのリハビリが割にはちょうどいいくらい。
昨日は6時過ぎには現場を上がれたのと非常に天気が良かったこと、それと一時帰国の時にいつもは外せない海での時間を逃したこともあり、太平洋に沈む夕日を見に行こうと決めました。

行ったのは2年ぶりくらいのCanon Beach。ポートランドからだといったん山を越えていく形になります。
所要時間は約1時間半。前に行ったときはもっと遠く感じたけど長距離ドライブに慣れた今は余裕の距離。
ビーチに到着したのはちょうど太陽が空を金色に染めながら沈む頃
DSC_0027.jpg
波は高く、飛沫で遠くは霞んで見えます。
DSC_0025.jpg
そして波間にそびえる巨大な岩。
DSC_0051.jpg
やっぱり波の音は心地良い。
日が沈み、空が帳を下ろし始めると海岸にぽつぽつと焚火がともり始めました。
焚火の周りを家族や仲間で囲んでのひと時。
暑すぎず、寒すぎずこんな時間の過ごし方は今がちょうどいいくらいなのかな?
DSC_0062.jpg
さすがに一人で焚火もないので遠目で見るにとどめました。
いつまでもたたずんでいたい気持ちに駆られながらも
次の日のこともあるので泣く泣く海岸を後にしたのでした。
Summer has gone
すっかり更新をサボっている間に早10月。。。
これを機会に振り返ってみます。

6月下旬~7月初旬:Toronto CANADA
テキサスのあとだっただけにかなりさわやかに感じました。
まだ余裕があったこの頃は、トロントにある世界一高いCNタワーに上ったり、正月から2度目ながら快晴で全然見ごたえが違ったナイアガラの滝に行ったり。。。
DSCN1306.jpg

CNタワーとロジャースタジアム
DSCN1369.jpg

ナイアガラの滝

7月中旬:Monterrey MEXICO
カナダからの帰宅の翌日よりメキシコ行きの緊急指令!
湿度ムンムンの真夏に逆戻り。
メキシコ第3の都市(らしい)Monterreyの歩道は何故かツルツルしていて何度も転びかけた。。。綺麗な教会と雑多な商店街の入り混じるにぎやかな町でした。
DSCN1404.jpg

DSCN1408.jpg

露天ではお面代わりにレスラーの覆面がならんでいます

7月下旬:Portland,OREGON
毎度おなじみのPortland。今回は足を伸ばしてSeattleにも行ってみました。この時期Portlandは天候が良いもののSeattleまで行くと曇天模様。
残念ながらこの週末イチロー率いるマリナーズはカナダへ遠征中でした。
DSCN1420.jpg

マリナーズの本拠地セーフィコフィールド。イチローの巨大なバナー
DSCN1423.jpg

シアトルのシンボル・スペースニードルから曇天のシアトル市街

8月初旬:Austin,TX
涼しいNorthWestからまたしても真夏のテキサスへ。
ここでは歴史と水辺の町、San Antonioへ足を伸ばしてみました。
メキシコとの領土争いの地となったアラモ砦を中心にアメリカ人にとっては歴史的価値の高い場所らしいです。メキシコに近いことを思わせる石造りの建物の多い町。そしてこの町を流れる川を見下ろすともう一つの風景が現れます。川沿いに所狭しと立ち並ぶオープンテラスのレストランはところどころから音楽が聞こえ陽気な雰囲気。
DSCN1436.jpg

アメリカの歴史的舞台、アラモ砦
DSCN1449.jpg

もう一つの町の姿、リバーウォーク

8月中旬:Carthage,MO
約半年ぶりのMissouri Carthage。ここでは仕事でひどい目に遭いました。唯一つ良かったのは久しぶりに食べたトムヤム・ヌードルスープがやっぱりおいしかったこと!
DSCF0068.jpg


8月下旬:Toronto,CANADA
再びカナダへ。とりあえず忙しいの一言。おいしいラーメン屋があることがせめてもの救い。。。

8月下旬:Monterrey,MEXICO
なぜかカナダと来たら次はメキシコ!この時も緊急の仕事でカナダからアメリカを飛び越えて直行。ハリケーンが近づいていた時期でずっと天気が悪かった。良い思い出はホテル近くのおいしいパスタ屋さん。

9月初旬:Toronto,CANADA
メキシコ飛ぶ前の仕事で引き続き。この後に控える日本帰国に向けて働きまくる!!

9月中旬:日本
日本に出張の用事もあり3ヶ月ぶりの帰国。
とはいえカナダの仕事の途中なので1週間のみの滞在となってしまった。
やっぱり彼女と友達と家族のいる日本って素晴らしい!
ユタからオハイオへの引越しで日本への飛行時間4時間プラスとなったのは結構しんどいものがある。。。

9月下旬:Toronto,CANADA
戻ってみるとすっかり秋。ようやく余裕ができてみたらもう9月も終わり。トロント周辺の観光地も行きつくした感があり今回はCirqu de Soleilを見に行く。
DSCN1512.jpg

DSCN1527.jpg


というわけで怒涛の4ヶ月。いつの間にか夏は過ぎ去っていました。
あと1週間カナダ滞在後はしばらくOhioで過ごせそうです。2007summer.jpg

River Walk
ただいまAustin、テキサス出張中。
休日出張でしたがボリュームはたいしたことなかったので、昨日日曜日は早めに上がれたのでその足でSan Antonioへ行ってきました。

オースティンから南へ車で約1時間半。
アメリカ人的には歴史的な意味合いを持つアラモの砦を中心とした観光の街です。

DSCN1432.jpg


元々メキシコ領だったテキサスが、メキシコから独立を勝ち取ったアラモの戦いの中心地。この戦いにはアメリカでは英雄とされる人がたくさんいるみたいですね。
この砦で多くの犠牲者を出しつつもついにアメリカ(テキサス)は勝利した!
DSCN1436.jpg

DSCN1439.jpg

正にアメリカ人の大好きなエピソードですね。
相手側のメキシコから見れば土地を取られたわけですが。。。
日付的にもアルバカーキの原爆博物館で受けた気持ちを思い出しました。


この町のもうひとつの目玉がリバーウォーク。どちらかというと石造りの乾いた感じのするサンアントニオのたたずまいですが、その街中を流れるサンアントニオ川を橋の上からのぞくと一段下にこの街のもう一つの表情があらわれます。
DSCN1451.jpg


川沿いにはレストランがところ狭しと立ち並び、遊歩道とオープンカフェが入り混り音楽と人々のおしゃべりが絶えず実ににぎやか。
DSCN1447.jpg

DSCN1449.jpg


石作りのラテン系の面持ちの地上と、トロピカルな雰囲気のリバーウォーク。この二層構造から成る、アメリカにしてはめずらしく立体感を感じられる街でした。
DSCN1456.jpg

DSCN1453.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。